食習慣

リバウンドしないための食事制限方法

無理な食事制限によるダイエットを行う場合、リバウンドしてしまう確率が高い為、慎重に行うことが必要です。リバウンドしてしまうと、ダイエット前よりも体重が増えてしまうことがあり、せっかくの努力が水の泡になっていまいます。

ただ体重を減らすことだけに注目するのでは無く、リバウンドしない食事制限のダイエット方法を選択するのがポイントです。短期間に大幅なダイエットを目指すよりも、時間をかけて少しずつ体重を減らすほうが、リバウンドは回避できます。

日々、習慣にして体重を計測することで、今の自分の体が停滞期に入っているかどうかがわかります。リバウンドは、人間が本来持っている体の機能によるものなので、誰にでも起こる可能性があるものです。

ダイエット時の極端な食事制限によって、体が生存していくために必要な最低限のエネルギーも摂取できない状態が続くと発生します。この生命を維持するための機能はホメオスタシスと呼ばれていて、ダイエットしてもなかなか効果が出ない停滞期となります。

停滞期は、約1か月続くとされ、ダイエットをあきらめ、前と同じぐらいの食事量であっても消化しきれないエネルギーが体内に残ってしまい脂肪となるため、体重が増えます。リバウンドのないダイエットをするには、自分の体が今、停滞期になっているかを知ることが大事ですので、体重を記録することは意味があります。

自分の体重の推移を可視化できる状態にしておけば、今は体重が減りづらいから痩せにくくなったのか、ダイエットをさぼったせいかもわかります。リバウンドしないためには、あせらず少しづつ体重を落とすことが重要で、身体に負担がかからない無理のある食事制限は控えるようにしましょう。