体重増

食事制限によるダイエットでリバウンドしてしまう理由

食事制限をする時には、どのくらいの量を減らして、どの栄養素は摂取するか、きちんと考える必要があります。単に体重を落としたいという場合は、カロリー摂取量を減らすために食事制限をするば済みますが、それではリバウンドしやすくなってしまいます。

食事制限をすることで、どの栄養素の摂取量を減らし、どの栄養素を摂取し続けるのかで、リバウンドの予防ができるでしょう。食べたいものを食べることができないストレスや摂取カロリーを控えたことによる代謝不足などがリバウンドの理由として考えられます。

食事制限をする際に控えなければならないのが、高カロリーである糖質や脂質が含まれる食べ物です。食事制限で、まずターゲットとなるものは糖質や脂質ですが、主食やメイン料理に用いることが多いため、糖質や脂質のない食事は味気なく、食べた気がしないという人もいるようです。

食事の摂取量が少ない期間が続くと、人間の体は食事で得たカロリーを無駄遣いしないように、代謝を落として体脂肪を増やそうとします。食事からの栄養摂取が十分でない期間が続いていると、久しぶりに食べた食事も、できるだけ使わず、身体で蓄積しようとします。

カロリーをエネルギーとして燃やさないようにすることで、余るカロリーを増やし、体脂肪にして貯めます。リバウンドを防ぐためには、ストレスをためずに代謝を低下させずにダイエットをするということが重要なポイントとなります。

基礎代謝をアップさせる効果のある筋トレや体脂肪を燃焼させる効果があるウォーキングなどの有酸素運動を生活の中に取り入れるのがおすすめです。リバウンドが起きないように配慮しながらダイエットをするために、計画的な食事背制限をダイエットプランに組み込みましょう。