体重増

筋肉がつくと体重が増える理由

体重を減らすために筋トレをしたはずなのに、結果的に体重が増えてしまって、思惑通りにいかないことがあります。脂肪と筋肉とでは、筋肉のほうが比重が重いため、脂肪が十分減っていない段階で、筋肉がついた結果、体重が増加してしまうということがあるようです。

効率的にダイエットをするには、まず筋トレで筋肉量を増量し、基礎代謝の高い体に体質改善をすることです。ダイエットに取り組む時は、目先の体重増減ばかりにこだわるのではなく、長期的なスパンでものを見て、ダイエットプランをつくりましょう。

筋肉を急に使うようになると、負荷がかかって筋繊維を損ねてしまうことがあります。リカバリーの途中で筋肉の水分量が多くなり、その結果、体重が多くなりますが、筋肉の炎症がおさまれば体重は元に戻ります。

筋肉に負担のかかる筋トレをしていると、ストレスホルモンと呼ばれているコルチゾールの働きを促進し、体の中の水分量を多くしてしまう可能性があるようです。

食事制限を長期にわたって続けた場合、体に負担をかけすぎたという時にもコルチゾールが多く分泌されるようになって、体内に脂肪が溜め込まれやすくなるようです。人間の体がどういったメカニズムで機能しているかを理解することで、健康を阻害しないような効率的なダイエットを実践することができます。

ダイエットのために筋トレをしたり、運動量を増やしているのなら、空腹感を強く感じるようになったからと食べ過ぎてはいけません。オーバーカロリーになると体脂肪が増加する原因になりますのて、空腹を緩和するために、ダイエット食品などを活用する必要があります。

健康面に配慮したダイエットをするには、体を機能するために必要な栄養素が不足しないように注意をしながら食事量を減らしていきます。筋トレをして筋肉を増やすといっても、筋肉の材料になるものを食事などで補給しなければ筋肉増強はできませんので、食事での栄養摂取はとても大事です。