体重増

加齢により体重や体脂肪が増える原因

若いころは標準体型だった人でも、年をとったら太ってきたと思っていることがあります。人間の体は、年齢を重ねるにつれて、基礎代謝が低下します。基礎代謝とは、何もしない時でも消費するエネルギーのことで、年齢や性別などで異なりますす。

体重が増えたり、体脂肪が増えることは、基礎代謝が低くなり、最低限消費するエネルギー量が変わることと関係があるわけです。年齢を重ねてから、体重が増えないようにするには、基礎代謝を下げない方法を考える必要があります。

かつては、ダイエットをしなくても標準的な体型でいられたという人でも、基礎代謝が下がるにつれて、身体に脂肪がつき、体重も増加していきます。ですので、若い頃と同じような生活を送っていれば、自ずと体重や体脂肪が増えてしまうということになるのです。

太りすぎを予防するには、基礎代謝が上がるように、筋肉をつけたり、食習慣を見直すことです。基礎代謝の向上を目的として運動をする場合、それほどハードな運動をすることはありません。

バランスボールや、軽いダンベルなど、気軽にできる運動でも効果を発揮してくれます。筋肉をつけるために筋トレを行って、基礎代謝の高い体になることで、ダイエットがしやすくなります。

基礎代謝の向上を目指して筋トレを行う場合は、面積の大きい筋肉を強化するといいでしょう。おすすめは背筋、腹筋、大腿筋などです。最初は、ちょっと力を入れるだけでできるような筋トレにしておきましょう。

最初からハードな筋トレにすると、筋を損ねてしまうかもしれません。加齢により体重や体脂肪が増える原因をしっかりと理解して痩せやすく太りにくい体づくりに努めていきましょう。