体重減

睡眠で痩せるコツとはなにか

毎日、ぐっすり眠れる環境をつくることも、痩せるためのコツとして広く知られています。体調管理と、睡眠時間は密接に関わっていますので、痩せることも、よく眠ることができるかどうかに関係します。

就寝時はパジャマがおすすめです。ジャージなどは適切な寝具とはいえません。布団の上で転がったり、姿勢を変えながら寝る時は、ジャージを着用していると、布地が硬くて思うように体が動きません。パジャマのような、布地が柔らかいものを着ることで、寝ている間に好きな姿勢になれるわけです。

週末になると就寝時間を遅らせたり、昼過ぎまで寝ていたりという人もいますが、効率的に痩せるためには、睡眠をとる時間は毎日同じにしておく必要があります。

起床時間が変わると、朝食の時間が変わってしまい、空腹感がいつもより強く食べ過ぎてしまう人もいます。寝る時間も、起きる時間も、1時間以上はずれないようにすることが、痩せるコツとしては大きいものです。

また、就寝時間は、夜10時~深夜2時の間には、眠りにつくようにしたいものです。夜10時から2時にかけては成長ホルモンの働きが盛んになる時間帯で、美肌にも効果的です。

布団や枕など、寝る時に使うものも、気に入ったものを使うことで、心地よく眠ることができます。使いやすい枕で寝ることで、深い眠りにつくことができますし、首のしわを増やさない効果があるとも言われています。